はじめての方にもわかりやすい手相占いについてお伝えします!

これから手相占いについて考えていきたいと思います。

これまで手相占いに対して興味を持っていたと言う方もいらっしゃると思いますが

「なかなかそのような機会がなかった」

と言う方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方に対して手相についてのお話をしていきたいと思います。

手相占いのやり方

手相占いのやり方はそれほどまでに難しくなく、占いを行う人の手のひらにあるシワを見て様々な占いをしていくことを言います。

このシワこそがいわゆる手相と言われており、手相占いを行う際に非常に重要となると言っても過言ではないでしょう。

そしてその際に生命線や知能線、感情線や運命線などと言った線を下にして占いを行っていくことが手相占いのやり方であるといえます。

手相占いの歴史

今流行の手相占いは一体どのような歴史をたどってきているのでしょうか?

まず手相と言う考え方自体が古代インドが源流となっており、その手相を利用して様々なことを占っていくスタイルこそが手相占いの古い占いスタイルであります。

日本には仏教とともに伝わったとされており、それは手相占いがインドから中国に伝わり東洋の易学を取り入れて発達したものとも言われているのです。

手相占いで占えること

手相はもちろん右にも左にも存在していますが、実は右手と左手で見る物事が変わると言われているのです。

右手は今現在の未来の運勢等を占うことができ、左手は生まれ持った運勢を占うことができます。

ですからみる手によって現在を占うが過去を占うかと言うことが変わってくるようです。

また先程申し上げた通り手相の主な線には生命線や知能線、感情線や運命線と言った線があり、その先をもとに自分自身が何を占いたいかと言うことを決めます。

ですから一般的に思っていることに対して、様々なことを占うことができるのです。

タイトルとURLをコピーしました